Posted by at

2008年11月21日

カメルーン料理教室

先日、カメルーン料理を習いに行ってきましたface02
今回教えてくださる方は東京でカメルーン家庭料理店を営んでいるカメルーン出身アカンガ・ジュディさんです。中津江村に5日間の滞在中に小学校を訪問したり、ふるさと祭りに出店したりたくさんの交流をしてくださいました。そしてそのひとつにカメルーン家庭料理教室がありました。
ジュディさんは日本に住んで9年ということで、もちろん2002年のワールドカップのときにカメルーン代表選手が中津江村にキャンプしたのはテレビで知っていましたし、何よりとても日本語もお上手です。そしてジュディさんがずっと一度、中津江村に行ってみたいという思いが今回実現されました。
私は以前から留学生にカメルーン料理を教えてもらったり食べたことはありましたが、現地の調味料や食材がなかなかそろえられずにいたので本場の味は初めてですicon28
さて、早速約10種類の料理を作り始めますicon10一度にこんな種類を作るだけあってジュディさんの動きはとっても早い。そしてひとつの料理にたくさんのスパイス、調味料、だし汁が使われるので私はひたすら写真をとるのみicon207


カメルーンから取り寄せた珍しい食材が並びます。


そして調理用バナナ。これは私がこの存在自体知らなかったので、留学生に何度もリクエストされても用意できなかった食材のひとつですface07


そして2時間後にはこんな料理ができましたicon97


作る工程をみてカメルーン料理は意外とヘルシーなのがわかりました。そして味はスパイスが効いていておいしかったです。ハーブを多く使うし、魚や肉からとっただし汁を使うのでどの料理も味がしっかり付いています。でもなれない人は苦手かもしれません。ちなみにうちの家族は全員だめでした。
でも、中津江村といえばカメルーン。
この教室には鯛生金山のレストランの人や食堂を経営している人など参加があったので本格的なカメルーン料理が村内で食べられるようになるかもしれません。楽しみです。
みんなで食べた後はしっかりレジピを教えてもらいましたよicon63
私も来年のカメルーンサッカー大会でなにかおもてなしができるかな。


今回の料理教室はとても楽しみながらできましたicon65
ジュディさんはとっても明るい。すぐにみんなが友達になっちゃいます。ジュディさんと接しているとカメルーン代表と過ごした時間が思い出されるんです。中津江村の人はみんなカメルーンの人大好きですicon102
最後にカメルーンの民族衣装に着替えて記念撮影icon207


とっても楽しい時間が過ごせました。ジュディさん、ありがとうicon59  


Posted by michi at 11:45Comments(1)

2008年03月17日

バレーボール観戦

昨日、日田総合体育館に男子バレーボールVリーグを観に行ってきました。

久しぶりに生での観戦だし、日本代表に選ばれている選手が何人もいてとても楽しみにしていました。
そして何より堺ブレイザーズのチームにカメルーン出身のエンダキ・エムブレイ選手が活躍しているのですicon22とっても高いジャンプ力、迫力のあるスパイクに応援席も盛り上がりましたicon59



今回は中津江村から80名の大応援団でのぞみました。サッカーだけではなくカメルーンといえば中津江村ということで私たちは緑色のTシャツを着て応援するのですicon77



後で新聞記者の方にエンダキ選手はとても喜んでいましたよ。と教えてくれました。
私たちもとてもうれしく思いました。



みなさんは不思議かもしれませんが、カメルーンと聞くだけですぐに反応してしまう中津江村民なんです。これからもこんな機会があればいいなと思っていますicon102

ちなみに試合は堺ブレイザーズが勝ちましたface02
二試合目の地元大分三好ヴァイセアドラーは残念ながら負けてしまいましたicon41
バレーボール選手は背が高くてスラッとしていてイケメンが多いのです。みとれちゃいましたface05

  


Posted by michi at 13:44Comments(0)

2008年03月15日

バレーボール

3月16日13時から日田市総合体育館でバレーボールVリーグの試合があります。

2試合あるのですが、その最初の試合で「堺ブレイザーズ」が戦います。
その「堺ブレイザーズ」の選手にカメルーン出身のエンダキ・エムブレイ選手がいるんです。

カメルーンといえば中津江村icon59

サッカーだけではなく、あらゆるカメルーンつながりで応援していくのですface02icon22

当日は約80名の応援団でのぞみます。おそろいのTシャツを着ていくので私たちと一緒に応援したいかたは緑色の服を着てきてくださいねicon113  


Posted by michi at 09:29Comments(0)

2007年09月08日

あれから・・・☆

さてあのキリンカップから2週間がたちました。
私たちにとって最高の夏の思い出ができましたicon102

ところで実は私は、カメルーンの選手ひとりひとりにあるものを手渡しました。
それが下の写真です。



これは中津江村の紹介や鯛生スポーツセンターで行われているカメルーンキャンプ記念式典の様子、カメルーンカップジュニアサッカー大会などを載せたものですicon91
翻訳はいつもお世話になっている大分在住の方の温かいご協力によりできました。
ありがとうございます。
そしてなんとかこれを選手に読んでもらわなければと勇気を出して手渡したのです。
さて、読んでいただけるのか・・・・・



おっicon59エトー選手が読んでくれてるッicon77最後まで読んでくれたかは確認できませんでしたが、結構、真剣に読んでくれていましたicon65


そして最後のページには「是非、中津江村にメッセージをください」とメールアドレスを載せてみました。結果は・・・・残念でした。。。

でもあきらめず、語学の勉強をしつつ、根気強く待ってみることにしますicon59

鯛生スポーツセンター  


Posted by michi at 11:38Comments(0)

2007年08月27日

Tシャツ販売について

「うるぐす」を見てお問い合わせをたくさんいただいておりますので、ご案内いたします。

TシャツはXS、S、M、Lサイズがありまして、1枚2,000円で販売いたしております。
鯛生スポーツセンターに直接きていただくか、送料、振込み手数料負担で配送もお受けできます。

   「お問い合わせ先」

     鯛生スポーツセンター 電話 0973-56-5016
      mail:nakatsue@taiosc.org


こちらまでご連絡ください。よろしくお願いいたします。

※9月5日からヤマト運輸での代引き発送が可能になります。よろしくお願いします。  


Posted by michi at 13:52Comments(3)

2007年08月23日

メルシー☆カメルーン

昨日のカメルーン戦は結果は残念icon198でしたが、私たちはとっても楽しみましたicon67
21日のエトー選手の記者会見で中津江村の歓迎を「日本に来て、まるで自分のホームにいるような気さえする。」と言ってくれていました。私たちはその言葉にとても感激し、それだけで満足でしたface05

試合の結果は残念でしたが、またあのカメルーン選手のサッカーをスタジアムで見ることができました。こんな機会を与えて頂いた日本サッカー協会のみなさんに感謝申しあげます。とても親切な対応もして頂きました。ありがとうございました。

私たちはこれからもカメルーンとの交流を続けていきたいと考えています。
このキリンカップでまた更にカメルーンとの絆が強くなりましたicon21

    ありがとうicon99カメルーン 鯛生スポーツセンター  


Posted by michi at 14:44Comments(3)

2007年08月22日

再会しました★

昨日、カメルーン選手のお迎えに行ってきました。
長旅の疲れにもかかわらず、選手のみなさんに歓迎式典に参加して頂きました。

5年ぶりのエトー選手は大スターのオーラicon12があり、優しい笑顔にとても感激しましたicon102
選手の皆さんに中津江村の思いを伝えることができました。
関係者の皆さんに感謝です。

そして、プレゼントしたオリジナルカメルーン中津江Tシャツを選手達の呼びかけで、全員が午後から行われる公開練習で着てくれたのです。うれしいicon41



今日は本番です。今からバスに乗り込んでカメルーン応援団が出発ですicon59がんばるぞicon59

   鯛生スポーツセンター  


Posted by michi at 14:23Comments(0)

2007年08月17日

いよいよ・・・

22日はカメルーン代表が大分で日本代表と対戦します。
チケットは完売icon59
たくさんの人が応援に行くことでしょうicon16

私たちは総勢500人のカメルーン応援団で九石ドームにのりこみますicon18
あのグリーンのTシャツを着て。

このTシャツは大人気で当初300枚の予定でしたが、600枚を完売しました。
こちらを見てTシャツの欲しい方からご連絡いただいております。
今のところ試合当日までに製造が間に合わない為お断りさせていただいておりますが、その後の販売は調整中です。
またお知らせいたしますので、お待ちください。

さ~て、今日の夜は応援の練習が、中津江振興局(旧村役場)であります。
カメルーンうちわを持ってがんばるぞicon09

  


Posted by michi at 11:55Comments(0)

2007年07月31日

カメルーンTシャツ完成!

8月22日キリンカップicon132にむけてのカメルーン応援Tシャツができましたicon99


  

Tシャツの色はチームカラーである緑色にしました。文字は黄色で目立つ配色に。
サイドには「不屈のライオン」をイメージした迫力のあるライオンが牙をむいています。
バックの文字、「中津江」と「夏麦論」icon60
「夏麦論」とはカメルーンを漢字表記するとこんな文字に。

カメルーンの選手にも是非着てもらいたいなぁface05
このTシャツを着て、カメルーンを応援するぞicon59


鯛生スポーツセンター  


Posted by michi at 15:29Comments(4)

2007年07月09日

カメルーン応援団

7月6日にカメルーン応援団が設立されました。
鯛生スポーツセンターも、もちろん協力していきますicon59
この応援団は8月22日に九石ドームで日本代表VSカメルーン代表戦icon132が予定されていますが、それにともない、5年前のカメルーン来村時の熱意と盛り上がりを再現すべく応援団を結成し、カメルーンを応援しようicon59というもの。

これから本格的に応援練習や応援グッズなどを作っていきます。応援練習は地元大分トリニータの方に依頼中で、どんな応援になるかお楽しみください。
応援グッズは巨大応援国旗、のぼり、手旗、Tシャツを作ります。製作風景や完成品をUPしていきたいと思います。私はTシャツ製作担当ですicon22
カメルーンを応援したい人、大歓迎ですicon67



  鯛生スポーツセンター  


Posted by michi at 14:58Comments(0)

2007年06月26日

カメルーン語!?

カメルーンの公用語は英語とフランス語なのです。その7割はフランス語ということで私たちは簡単な挨拶ができるように勉強をしました。当時の国際交流員のタイラーさんが講師で毎週木曜日に教えていたのです。
私たちは苦戦しましたicon196英語とは違って聞き慣れていませんし、発音も難しく、ただ丸暗記したりしていましたface07
村内に住むみなさんにもと各家庭に無線放送でフランス語講座を放送していましたicon25そこでは、おじいちゃんやおばあちゃん達が一生懸命、ノートに書いて勉強している姿もありました。

私も当時のフランス語講座の紙を取り出し、思い返しておりますicon91いつかまた、カメルーン選手にフランス語で挨拶ができるように。。



鯛生スポーツセンター  


Posted by michi at 15:42Comments(0)

2007年06月22日

日本代表VSカメルーン代表、決定!!

昨日、発表がありました。
8月22日、日本代表 対 カメルーン代表
九石ドームで18:40分キックオフ
icon132
今回はあのエトー選手もくるかもicon102


鯛生スポーツセンター  


Posted by michi at 13:23Comments(0)

2007年06月20日

カメルーン応援団!

さて、皆さんはサッカーで「日本代表VSカメルーン代表」の試合があったら、どちらを応援しますか?
中津江村の住民はもちろん、カメルーンですicon59

2003年にキリンカップがありました。この時の応援は楽しかったなぁicon14



こんな機会がもうすぐ実現するかもしれません。ウキウキicon102  


Posted by michi at 16:14Comments(0)

2007年06月15日

たくさんのおもてなし

この中津江村にあの「不屈のライオン」とよばれる世界の強豪、カメルーン代表がキャンプをするために、村民、ボランティア、報道関係者、応援してくださるたくさんの方々のご協力がありました。

今、あらためて思い返すと心温まるおもてなしがみなさんのおかげでできたと思っています。
その一部をご紹介いたします。

まず手旗づくり。各地区の老人クラブのみなさん約30名が山から竹(ささたけ)を切ってきて、むろ(椎茸乾燥室)にいれて乾燥し、1500本の持つ部分が完成。
そして地元の小学生も加わりその竹にカメルーン国旗を巻き付けてのり付けします。
とても手作り感のある手旗ができあがりました。
この旗を手にカメルーンの選手がのったバスに沿道からエールを送ったのです。

つぎは女性ボランティアによるコースター、タペストリー作りです。これは選手にお土産に持って帰ってもらおうと、かすりの布を使ったり、布に文字を書いたりと日本らしさをかもしだした素敵なものができあがりました。

そして「中津江村青年団」による巨大看板作り。カメルーンが優勝しますようにと願いをこめ、黙々と塗り続けました。仕事終わりに夜遅くまでがんばりました。

林業関係者の有志たちが集まり、木材を使ってさまざまなオブジェができました。

「カメルーンを花で応援をする会」が中心となって中津江村クリーンアップ大作戦。ゴミ拾いや、草刈り、花植え活動をしてくれました。中津江村のすばらしい自然を感じてもらうためです。

小学生の取り組みはカメルーンの文化を知るため、カメルーン給食をしたり、千羽鶴カメルーン国旗づくり、横断幕づくり、たくさん協力していただきました。

これはほんの一部です。ここでは語り尽くせないほどのたくさんのご協力のもとカメルーンキャンプが実現できましたicon12

  


Posted by michi at 15:54Comments(0)

2007年06月09日

中津江村とカメルーン

2002年5月24日午前3時、カメルーン代表チームがこの中津江村にある鯛生スポーツセンターに到着しました。

      

この日、この瞬間、カメルーンの選手達を出迎えたとき、まるで夢の中にいるようでしたicon12  


Posted by michi at 17:05Comments(0)